概要

【日時】2017年10月1 日(日) 13:30-17:30 (13:00開場)

【場所】一橋講堂 (千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)

【ゲスト・スピーカー】

  • エドワード・スノーデン 氏(CIA、NSA及びDIAの元情報局員)<ライブインタビュー>
  • スティーブン・シャピロ 氏(弁護士、アメリカ自由人権協会前リーガル・ディレクター)
  • ジョセフ・ケナタッチ氏(マルタ大学教授、プライバシー権に関する国連特別報告者)

【司会】井桁大介(JCLU理事・弁護士)

【参加費】1000円

【専用サイト】http://privacyandcivilliberty.jp/symposium20171001

※要事前申込み
【JCLU会員は8月末まで優先受付中】
メールjclu@jclu.org又はFAX 03-3578-6687で事務局まで
(一般の方は9月1日から専用サイトにてお申込いただけます。)

※同時通訳あり

内容

テロ対策や国家安全保障を旗印に、新しい技術を駆使した国家による監視が強化されている。しかし、いかなる情報がどのような方法で収集され、どのように利用されているのか明らかではない。

安全・安心のためならプライバシーが犠牲になることはやむを得ないのか。増大する国家の監視活動に対し、市民によるコントロールをどのように及ぼしていくか。外国における取組みや議論に学びながら考えたい。

【プログラム】

  1. ライブインタビュー
    「米国国家安全保障局による大量監視の実態と日本」(13:35-14:35)
    エドワード・スノーデン氏
  2. 講演「9.11以降の監視強化の動きとACLUの闘い」(14:35-15:05)
    スティーブン・シャピロ氏
  3. 報告「日本の監視の現状」(15:05-15:20)
    出口かおり JCLU会員・弁護士
  4. 講演「大量監視とプライバシー保護のための仕組み」(15:35-16:05)
    ジョセフ・ケナタッチ氏
  5. ディスカッション(16:05-)

アクセス

【一橋大学一橋講堂】
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内

  • 東京メトロ半蔵門線、 都営三田線、 都営新宿線  神保町駅(A8 ・ A9 出口)徒歩 4 分
  • 東京メトロ東西線  竹橋駅 (1b 出口) 徒歩 4 分

地図はこちらから(PDF、一橋大学HPより)