「 知っていますか?子どもの貧困とその連鎖」

日本の子供の貧困率は、OECD(経済協力開発機構)加盟諸国と比較して、高い水準にあります。子ども期の貧困は、大人になってからも不利益をもたらし、さらには次世代に貧困が受け継がれる原因にもなっています。

この「貧困の連鎖」を断ち切るためには、子どもの貧困に関する現状と課題を広く,正確に共有する必要があります。

本例会では、子どもの貧困を多様なデータから可視化した首都大学東京教授の阿部彩先生をお招きして、「貧困の連鎖」を断ち切るために、我々は何を知り、何をしなければならないのかについて、ご講演いただきます。

チラシを見る(PDF)

概要

  • 日時:2017年7月14日(金) 18:30~20:30(18:15より受付開始)
  • 場所:専修大学神田キャンパス 1号館2階205教室(東京都千代田区神田神保町3-8)
  • 講師:阿部 彩 氏(首都大学東京教授)

※参加費無料、申込不要

【阿部彩氏プロフィール】

 

首都大学東京都市教養学部人文・社会系教授、同大子ども・若者貧困研究センター長。
「生活保護の経済分析」(共著、東京大学出版会、2008年) にて第51回日経・経済図書文化賞を受賞。
専門は 貧困、社会的排除、社会保障、公的扶助論、社会保障論

アクセス

専修大学神田キャンパスへのアクセスは下記のURLからご確認ください。(専修大学HPより)

http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/campus.html

  • 水道橋駅(JR)西口より徒歩7分
  • 九段下駅(地下鉄/東西線, 都営新宿線,半蔵門線)出口5より徒歩3分
  • 神保町駅(地下鉄/都営三田線, 都営新宿線,半蔵門線)出口A2より徒歩3分