新型コロナワクチンによる「副反応疑い死」事例は多数報告されていますが、国の健康被害救済制度による救済は進んでいません。想定以上の多数の申請が集中し認定作業が渋滞していること、制度の存在を知らないこと、手続きが煩雑でハードルが高く申請の前に意欲が失せてしまうこと、救済制度とワクチンの安全性をモニターする副反応疑い報告制度が混同されていることなど、その要因は多数あります。接種後の死亡をなかったことにしないために、情報の拡散と被害者と遺族への援助が不可欠です。
 山岡淳一郎さんは、コロナ禍の背景を取材し、特にワクチン接種後に死亡した方々の遺族や医師、製薬メーカー、厚労官僚などの多様な視点から、コロナワクチン接種後死の問題を指摘してきました。
  今般、その取材が『ルポ 副反応疑い死─ワクチン政策と薬害を問いなおす』(ちくま新書)にまとめられたのを機会に、戦後の薬害と救済制度の歴史も踏まえて、今、被害者の救済に何が必要なのか、を語っていいただきます。

概要

日時:2023年1月31日(火)19時~20時30分(開場18時30分)
会場:連合会館 201号室 (定員45名)
   (東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
※同時オンライン配信実施(ZOOMウェビナー利用)
会場参加費:500円
オンライン視聴費: 無料
事前申込:要
基調講演:山岡淳一郎さん(ジャーナリスト)
共催:新型コロナワクチン被害救済事例検討会(Twitter)      
助成:特定非営利活動法人 海野人権基金

チラシ

申込方法

お申込みいただく前に、ページ下部の特記事項をご確認ください。
下記の申込みフォームをクリックしてください。
申込フォーム画面が開きますので、説明に従ってアドレス、氏名、その他項目をご入力頂き、送信してください。
送信後、申込み完了メールが登録されたアドレスに届きます。届かない場合は、ページ下部の問合せ先までお知らせください。
お申込み期限:2023年1月30日(月)正午
※オンライン視聴URLは1月30日17時までに連絡します。

申込は締め切りました。たくさんのお申込ありがとうございます。

特記事項

当日の講演を録画、録音することはご遠慮願います。
・新型コロナウイルスの感染状況によっては、開催中止またはオンラインのみでの開催となる場合がございます。開催中止等となる場合はお申込み時にご登録いただいた連絡先にお知らせいたします。本ホームページでもお知らせいたしますので併せてご確認ください。
・新型コロナウイルス感染症対策のため、会場では不織布マスクの着用をお願いいたします。また発熱等、体調の悪い方は当日の会場参加はご遠慮願います。
・会場にて講演会に参加された方のお名前、連絡先は、本講演開催後1か月間当会にて保管し、参加者内で新型コロナの感染または濃厚接触の可能性が判明した場合に参加者へのご連絡、保健所への提供等の目的で利用いたします。ご了解いただけない場合は、オンライン視聴でご参加いただくようお願いします。
・開催日当日のお問い合わせは対応できない場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

申込完了メールが届かない等は、 以下事務局宛メールアドレスまでご連絡をお願いします。
メールアドレス:jclu(a)jclu.org
※(a)を@に直してメール送信してください。